起床→高松駅へ

ゴールデンタイム高松は、本当に寝るだけでした。もっと楽しめたんでしょうが、松山を出てから、高松に着くまで、1日に色々詰め込みすぎて、疲れ切ってたんでしょう。酒も飲まず、風呂入ってバタンキュー状態。

中村駅から届く僕のバースデー切符も、始発の南風に乗せるということだから、宇多津に着くのは、9時55分。

本当は、うずしおに乗って徳島まで行き、行ける限り牟岐線にも乗る予定でしたが、大幅な予定変更を強いられます。(どう考えても自分が悪い)

 

やや、ゆっくり起床し、8時頃チェックアウト。高松駅まで歩いて行きます。

サッカーショップKAMOがある。この辺、東京(といっても、吉祥寺とか町田辺り。)と変わらない感じ。これは、失礼で言っているのではなく、そう言う方が、住みやすくてかつ適度に都会ということです。そういう街にこそ愛着とか、郷土愛とかってわくのだと思います。

f:id:single42:20170814235826j:plain

高松三越の脇を通って、(この辺は、リアルに都会)高松駅に着きました。

 

高松駅前にいた青鬼。昨夜は気づかなくてごめんよ。f:id:single42:20170815001108j:plain

遠目に見ても、昼間は、高松駅がよく微笑んでいることがわかります。(まじでかわいい)

f:id:single42:20170815001347j:plain

 

がいな奴と言ううどん屋さんで朝食。普通に美味い。そして、まぁまぁやすい。f:id:single42:20170815001501j:plain

高松駅に戻ってきました。地元の人は、どう思っているか知りませんが、私は、かわいいし、使いやすいしで好きな駅になりましたよ。

f:id:single42:20170815002356j:plain

高松市内散策2

わずか2駅ですが、ことでん最大のターミナル。瓦町駅まで乗ります。

20分くらいで歩けるらしいんだけど、電車なら5分だし、せっかくの初高松なんでね。

電車も京王線の懐かしの車両だし。

ちなみに、京王線の5000系は、冷房車なのに18m級な使い勝手の良さが受けて、日本中のローカル私鉄で現役を続けているようです。f:id:single42:20170814232028j:plain

あっとゆうまに瓦町駅に。おお、自動改札に電光掲示板。さすが、ことでんの全ての路線が集まるターミナル。(失礼)f:id:single42:20170814232248j:plain

瓦町駅の外観です。駅ビル。駅。バスターミナル。ペデストリアンデッキが一体的に整備されています。なんて素晴らしい。こういうの大好物です。

しかも、中長距離移動の起点であるJR高松駅までも電車で5分。いつか、また、高松に旅行に来ることがあったら、瓦町を基点にしようと思います。

夕飯を求めて、周辺をぶらり。

かなり栄えている。キャバクラが多いですが、見知らぬ街でキャバクラ行ってもなぁ。二度目がありませんし。。。。

 

つーわけで、食べログで高評価だった「ざるうどんの宗家 川福本店」というところへ。

東京でも讃岐うどんの店(主に丸亀製麺)が増えたせいか、特段の感動は無し。

(まぁ、美味いんですけどね。)

f:id:single42:20170814234213j:plain

f:id:single42:20170814235203j:plainよく考えたら、高松で何を食べるかは、何も考えてなかった。讃岐うどんしかイメージがない。本当は、もっと、美味しいご当地グルメや、地域の方々に支持されている名店があるんだろうな。反省点です。

(骨付鳥というのも人気があるようなんですが、いかんせんどこもかしこも混んでて入れなかったんですよ。土曜日の夜だし・・・)

f:id:single42:20170814235037j:plain

トボトボと宿に戻るのでした。

あ、カプセルホテル?寝るだけだし、風呂広いし、サウナあるし、何より楽天ポイントだけで予約しているから安いしで満足でしたよ。また行こうかと言われるとポイントがあればかな。有料なら、私は、ドーミーインがあればそこを使うと決めています。

 

 

高松市内散策

高松での宿舎は、ゴールデンタイム高松というカプセルホテル。

楽天トラベルのポイントのみで予約してあります。カプセルホテルに泊まったことがないので、ちょっとドキドキしますが、風呂は広そうでした。

 

高松駅近くではなく、繁華街にあるので、別に何時チェックインでもいいので、市内を少し散策しながら宿に向かいます。今夜の夕飯は何にしよう。

高松駅をでて左に大きなビルがあります。

どうやらこれが、サンポートらしい。高松シンボルタワーというのが正しいのかな。

f:id:single42:20170813200817j:plain

駅を振り向くと駅自体がうっすら笑っています。

しかし、夜の見せ方は、もう少し検討の余地がありそうですね。

f:id:single42:20170813201034j:plain

 ことでん高松築港駅に向かって歩くとなんか石垣が青く光ってます。

まぁ、そういう見せ方もありか。松ももう少し、ライトアップすればいいような気も・・

f:id:single42:20170813201344j:plain

この石垣の右側に高松築港駅がありました。瓦町までのわずか2駅ですが、乗車します。待っていたのは、おお、京王線旧5000系ではないか。と京王沿線育ちの私がかつて慣れ親しんだ車両でした。

まぁ、京王や京急の車両が走ってるということを知ってましたけどね。

f:id:single42:20170813201820j:plain

高松到着

高松駅に到着しました。例によって、まずは喫煙所で一服。JR四国は、本当に喫煙者の気持ちがよくわかっている。f:id:single42:20170813194442j:plain

発車を待つ特急や、マリンライナーが待機しています。f:id:single42:20170813194004j:plain

しまんとといしづちf:id:single42:20170813194647j:plain

駅員室に事情を話しました。

どこで無くしました?というので、中村駅か南風号のグリーン車の中というと、早速、中村駅に電話をしてくれています。

す・る・と・・

f:id:single42:20170813194750j:plain

中村駅で預かっているそうです。

 

どうしますかと駅員さんが聞いて来るのですが、むしろ、どうしたらいいのでしょうかと聞き返してしまいました。

「明日の始発の南風にチケットを乗せて運んでもらうことができますよ。」というので、是非そうしてくださいとお願いしました。

しまんと併結ではないので、宇多津まで取りに行ってもらいますけどいいですか?とのこと。もちろん「ハイよろこんで!」庄屋の人並みに元気よく回答しました。

 

これで、明日もどうにかなる。JR四国のホスピタリティは最高だな!!

 

 

児島駅にて

大変なことに気づきます。バースデー切符を持っていないのです。(グリーン券は持っている。)

どこかで、紛失した模様。南風の中か。

 

児島の駅周辺もぶらぶらしたかったのですが、児島駅の駅員さんはJR西日本の職員なので途中下車すると再入構は認められないとのこと。

携帯にバースデー切符の写真があるので、それを見せながら、どうしたらいいと聞くと「この後どうする予定なの?」と聞いて来るので、高松に泊まる予定です。と答えるとでは、そのまま、高松駅に行ってもらって、高松駅で聞いてよとのことでした。

仕方なく、指示に従おうとするのですが、せっかくなので、駅でも撮影を続けながら、特急に乗れるエビデンスがないので、マリンライナーで高松方面へ行くことに。トホホ

 

動画は、徳島・高知行きの南風・うずしお併結編成です。

き

土讃線全線制覇

土讃線というのは、多度津から、窪川までなので、この南風号に乗ってるだけで、全線制覇できます。まぁ、昨日、阿波池田から多度津までは乗ってるんですけどね。

窪川あたりからは、起きて外を見ながらまったり過ごし、グリーン車の特権を活かし、iPhoneiPadとデジカメの充電をします。

 

写真は、須崎駅ですね。四国は、やなせたかし推しがすごい。

まぁ、私も嫌いじゃないんですけどね。皆に好かれる作品を残して亡くなるってよく考えるとすごいことですよね。私など、元妻に嫌われまくってますから・・・(私はもっと嫌ってますが・・・)

f:id:single42:20170813184931j:plain

なんか、高知、窪川間は特筆するほどのこともないままに、まったりと乗車し、高知駅に着きます。ここで、少々(特急なのに14分も)停車するので、例によって、喫煙所に行きます。高知の町並みです。東京で言えば杉並とか大田区とかあたりにありそうな風景だなと感じました。

f:id:single42:20170813190738j:plain

 

ここからは、土讃線きっての風光明媚な名勝として知られる区間大歩危小歩危を通るぞと思いながらも高知を出るのが17時過ぎですから、真っ暗になってしまい、何にも撮影できません。

 

高知県は広い感じがしますが、阿波池田を出るとあっという間に瀬戸大橋まで来る感覚でした。眠ったり起きたりして、児島駅に着きます。

f:id:single42:20170813191315j:plain

さようなら、南風号、グリーン車って、長距離移動も本当に楽ですね。

東京近郊の普通電車とぷらっとこだまでしかグリーン車乗ったことがないので、グリーン車の威力を思い知りました。

北海道や、九州もグリーン車乗り放題の切符出して欲しいなぁ。

中村駅

中村駅の外に出て見ました。うーん、本当にリノベーションしたのだろうか。f:id:single42:20170813183905j:plain

駅前は、観光地よろしく、綺麗に整備されています。f:id:single42:20170813183937j:plain

こちらから見ると、左下あたりは、どことなくリノベーションされている気もする。

f:id:single42:20170813184047j:plain

タバコを吸って、南風号を撮影します。

f:id:single42:20170813184126j:plain

駅で、ビールとお弁当を調達。

朝から、伊予灘ものがたりのブランチしか食べてないので腹減ったー。

一心不乱に食べ、すでに通ってきた窪川までは、軽く寝ました。

f:id:single42:20170813184200j:plain

しかし、この中村駅では、リノベーションの成果をよく理解できないだけでなく、この旅の行程を左右する大変なミスを犯していたのです。