バツイチ40代男の一人旅(鉄分多め)

40男の日常と旅行とちょっと風俗。

帰京。

関西空港駅に到着しました。人工島の1階レベルなので、地下駅のようで地下駅ではないです。

30分に一本ラピートが、20分に一本空港急行が出ています。

JRは、30分に一本はるかが、15分に一本ペースで快速が出ています。ミナミに行くなら南海、キタや京都に行くならJRという住み分けですかね。f:id:single42:20171015113619j:plain

乗って来たラピートの勇姿です。カッコいいッッ!f:id:single42:20171015201304j:plain

隣のJRのホームには、はるかが出発を待っています。f:id:single42:20171015113855j:plain

改札口に上がると「関空戦士ラピートルジャー」なるヒーローが待っててくれます。ラピートって確かにこういうイメージですよね。f:id:single42:20171015113926j:plain

なんか綺麗なアート作品が展示されています・・・f:id:single42:20171015113952j:plain

よく見ると使用済みの切符で作られているのです。こういう細かいアートって日本人ならではなんですかね。外国人のおもてなしを担う関空において素晴らしい取り組みのように思いました。f:id:single42:20171015114015j:plain

夕食は、関空の中にある龍旗信というお店でラーメンをいただきました。写真は塩そばだったと思います。旅に疲れた胃袋に優しい味ですが、インパクトに欠けるという印象もある。うまいんですけど、最近のラーメンてインパクトがないとなんとなく物足りないような・・・

f:id:single42:20171015193152j:plain

ラーメン終了時点で、21時35分発の羽田行きまで、なんと、まだ2時間近くあります。

551蓬莱の豚まんを買おうと思いましたが、もう売り切れでした。

長い時間を潰すため、Refresh Square というラウンジと漫画喫茶を合わせたような施設で、タバコを吸いながら漫画を読んで時間を潰します。コーヒー飲み放題ですし。関空、タバコ吸える場所少ないので、このお店、結構重要なように思います。

 

走行するうちに、定刻通り飛行機に乗り、離陸します。夜の関西の夜景なかなか綺麗だなと思う間もなく、疲れからか眠ってしまい、あっという間に羽田に到着しました。東京は雨でした。

有給休暇1日取得の1泊2日にしては、いい旅をすることができたと思います。f:id:single42:20171015201603j:plain

関西国際空港へ(主にラピート)

南海本線関西国際空港へ行くために、新今宮駅へ戻ります。

有名なあいりん労働公共職業安定所が見えます。(いわゆる職安ですね。)

貧困で有名な地区なんだからこそ、もう少し、綺麗な建物として管理できないものなんでしょうか。東京の山谷と比べるとなんの対策もない感じがしますね。f:id:single42:20171015103937j:plain

目的は、ラピートに乗ることです。急行と比べてあまり早くないのですが、こういうのは快適性を買うのです。新今宮でラピートの出発する3分後に関空行きの急行が来て、関空にラピート到着の8分後に到着するんですからね。

関空トク割ラピートきっぷというきっぷを1270円で買って、海側窓側を指定します。

正規運賃は、920円ですから、350円追加で、快適性を買うということですね。f:id:single42:20171015104048j:plain

ラピートを待っている時に、橋本行き特急りんかんが高野線ホームに入線して来ます。30000系が使われています。やや古びたデザインですが、十分特急型電車としての風格を保っています。f:id:single42:20171015104328j:plain

なんば行きの泉北ライナーが入線して来ました。車掌さんは女性なようです。

関東でも流行って来ていますが、関西私鉄は、通勤の着席サービスを頑張っている感じしますね。私は、ただの売り上げ増加の取り組みとは思いません。そういうサービスを供給することは素晴らしいことです。f:id:single42:20171015104348j:plain

真田赤備え列車も来ました。f:id:single42:20171015104436j:plain

いよいよ、私の乗るラピートが入線して来ました。f:id:single42:20171015104535j:plain

f:id:single42:20171015104638j:plain

停車駅の多いラピートβです。関空行くだけでなく、主要各都市への通勤特急としての意味合いもありそうです。f:id:single42:20171015104730j:plain

乗車すると、自販機とスーツケース置き場が、少しだけスーツケースが置かれていますね。f:id:single42:20171015104756j:plainデッキから居室への自動ドアです。なんとなくラグジュアリー感があります。

f:id:single42:20171015104826j:plain

居室です。この内装デザインは、開放感があって素晴らしいと思います。

きっと関空から入国して来た外国人は、この車窓から見える大阪の町並みを楽しみながら移動することができるでしょう。f:id:single42:20171015104854j:plain

モケットは、ヒョウ柄。大阪のおばちゃんが好みそうなイメージ。しかし決して下品とは思いません。テーブルと肘掛は、やや残念な感じ。しかし、関空からなんばまで40分強ですからあまり大きなテーブルは必要ないのかもしれませんね。f:id:single42:20171015104951j:plain

紀伊水道の向こう側に太陽が沈んでいきます。f:id:single42:20171015105123j:plain

りんくうタウン駅です。りんくうゲートタワービルは、あべのハルカス横浜ランドマークタワーに続く日本で三番目に高いビルだそうです。高いです。

個人的には、中国などと張り合わず、高い建築物を作るよりも、美しく、調和のとれたまちづくりを進めるのがジャパンウェイなのではないかと思います。f:id:single42:20171015105351j:plain

いよいよ海を渡ります。雲が多い日だったのですが、それがかえって幻想的な感じを醸していました。帰るんだけど、旅立ちを演出するのに十分な情景が広がります。f:id:single42:20171015105605j:plain

新世界をぶらり

飛田新地から新今宮駅方面には、お世辞にも綺麗とはいえない、商店街(動物園前一番街という名前なんですね。)のアーケードを抜けて帰りました。(行きもそうやっていきました。)

やや、酒と小便の匂いがする気がしましたが、たまたまその日だけだと思います。f:id:single42:20171014235205j:plain

上の写真の百八十度反対を向くとこのような風景でして、まっすぐ行くと新世界というところなので、少しぶらぶらしようと決めます。

f:id:single42:20171014235225j:plain

Wikipediaによると明治45年開業ということで、新世界と言いながら、結構歴史があります。飛田遊郭ができるのよりも先だったようです。

なんとなくですが、新世界というネーミングも関西ならではな感じがしますね。

狭い路地ですが、所狭しと飲食店が並びます。

f:id:single42:20171014235427j:plain

この店、すごく気になりました。1600円で、出てくるものの品質に自信が持てなかったので入店していませんが、もし、それなりに美味しいなら、コスパは良好ということになるように思います。f:id:single42:20171014235527j:plain

串カツ屋や、たこ焼き屋がたくさんあります。ゲートもハイセンスです。f:id:single42:20171014235556j:plain

ぶらぶらしているうちに新世界のランドマーク、通天閣が見えて来ました。

f:id:single42:20171015094033j:plainf:id:single42:20171015094615j:plain

ジャンジャン横丁の入り口です。独特のファッションを提案するお店が何軒かあります。f:id:single42:20171015094905j:plain

結局、串カツを食べることにしまして、選んだお店は、こちらの串かつだるまさんです。こういう店構え、東京でもありますけども、大阪で見る方が、やはり大阪らしさを感じます。f:id:single42:20171015094918j:plain

メニューです。じゃんじゃんセットをプラス100円してどて焼きに変更してもらい、それと、生中を頼みます。f:id:single42:20171015095451j:plain

お通し、どて焼き、ビールは、速攻で提供されます。f:id:single42:20171015095507j:plain

じゃんじゃん熱々の串カツが提供されて来ます。食べるのが追いつきません。

f:id:single42:20171015095653j:plain

二度漬け禁止を厳格に守りながら食します。f:id:single42:20171015095711j:plain

いや、めちゃくちゃ美味かったです。観光で軽く立ち寄るには量もほどほどですので、オススメの大阪グルメと言えるのではないでしょうか。

 

飛田新地2日目

15時過ぎに飛田新地に到着しました。徒歩で行くと、高速道路をくぐる際に、とても分かりやすい地図が掲出してあります。

ネットで調べた限りですが、青春通りとメイン通りは、こういうことだと思います。(よく分かってるわけではない)f:id:single42:20171014222241j:plain

 

時間が早過ぎて、やってる料亭は少ないので、まぁ物色しながらなんですが、散歩して見ました。エリア内で写真撮ると怖い方に連れてかれるとの評判ですが、店が開いてない時間帯は、楽勝な気もしました。まぁ、女給さんの顔バレのリスクがなければ別に・・・ということでしょうかね。

通称嘆きの壁(と言ってもとても綺麗に整備されている。)の上から青春通りを撮影します。写真の「桜木町会」が青春通りの目印です。f:id:single42:20171014222831j:plain

メイン通りは山吹町会の看板が目印です。f:id:single42:20171014223138j:plain

昨夜料理をいただいた料亭は、吉原というので、メイン通りに当たるようですね。そんなことも知らずに入りました。

 

 

今日は、なるべく青春通りで遊ぼうと思い、徘徊するもいかんせん平日の3時過ぎは、開いてる店が少ない。

ウロウロと何周もしていると気づきます。

昼は、夜よりも女の子の特徴がよく見えることです。

昨夜は、初めての飛田新地とその営業スタイルに興奮していたところもあったので、一目見ただけで、入店を決めてましたし、その子が一番好みだという確信もありました。

しかし、昼に見ると、豊胸と、整形がたくさんいることに気づきます。

昨夜の川島海荷は、豊胸ではないが(というか、小ぶりな胸)もしかしたら、整形なのかもしれません。

 

でも、だからと言って何なんでしょうか。

 

個人的に、偽乳は苦手ですが(感触も見た目も)、というか、男なら、全てのおっぱいを等しく愛せるのが本当なのではないか。

私、微乳も巨乳もジャストサイズも乳輪が大きいのも小さいのも全部ひっくるめて愛してます。

 

というわけで、豊胸の子は避けて選びます。

 

整形は、別にいいじゃんねぇ?

程度の問題ですよ。だって、みんなブスより可愛い方がいいじゃんね。というわけで、顔は好みの子を選べばいいのです。

 

4周ほどウロウロした頃でしょうか。(客もほとんど歩いてないので、女の子が入れ替わらない。優柔不断だからではありません。)

青春通りの播磨という料亭で、芸能人でいうと夏菜にそっくりな子が座ってこちらに笑顔を向けて手を振って来ます。

なぜかサッカー日本代表のTシャツ着てますが、ビビビと来たので、瞬間的に値踏み。

偽乳ではなさそうだ。推定D。

笑顔、たまらなく可愛い。

→即入店を決めます。 

 

昨日と同じく、20分で16000円の料理を注文します。

まぁ、すぐ恋に落ちてしまい(そりゃ、好みの女給さん選んでるわけですしね。)すぐ服を脱ぐように促されます。

さっき、ねぎ焼きを食べた時にドーピングしていたのですが、パンツを脱いだ時点で、「お兄さん、おっきいなぁ」と言われます。すでにフルボッキだったのです。

「大っきくはないです。普通サイズです。」と否定すると、

「長さはそうなのかもしれんが、先っぽがでかい。入るんかこれ?」とか言われます。

そういえば、別れた元嫁もそんなこと言ってました。そうなのかもしれません。

 

夏菜もすでに服を脱いでいます。めちゃくちゃスタイルいい。釣鐘型の形の良い胸です。まさに「プリンとした」と形容したくなる胸。

「どうする?」と聞くから、座ったまま抱き合ってしたいと回答。

リクエストにきっちり答えていただき、対面座位で合体。飛田新地は、前戯がないので、ちょっと痛いとか言われますが、すぐに馴染んで来ます。昨夜同様に、なかなか良い締まりです。

私、この体位好きなんですよね。昨日は、正常位だったのは、きっと昨日の川島海荷は、スレンダー微乳だったからですね。

対面座位は、形の良いおっぱいが揺れるのを鑑賞しながらも、乳首にむしゃぶりつき、お尻をわし掴むことができるという、理想の体位でして、しかも、女の子のその時の顔を見ることができるんですね。

夏菜の体を堪能していたところ、夏菜は突然、両足を畳につけ、長瀬愛ばりに動き始めます。

やばい、気持ちいい。

ゆっくりしたかったので、「少し待って!」と哀願するも、「だぁめ〜。」と可愛く返されて、止まりません。

その腰の動きのいやらしさに、ますます高まって来てしまい、あえなく発砲。

ゴムを外され、優しくふきふきしてもらいます。ドーピングの効果で、まだ、しぼまず、ふきふき自体が気持ちいい。

処理と片付けをテキパキとしながら、「兄さん東京か?」とか聞いて来ます。

「そうです。今日帰るのですが、いい思い出ができました。」と丁重に返礼をしました。

ほな、また来てなということで、帰り際に、軽くフレキスしてくれました。

顔がとにかく可愛いので、たまらない気持ちになり、ギュッと抱きしめてしまいました。

 

ペロペロキャンディ咥えながら店を後にするのですが、しばらくニヤニヤが止まらず、駅の方に向かって歩き出すのでした。(二度目にして、方向は、完全に覚えた。)

 

 

新今宮駅へ移動

そうと決まれば、話は早い。大阪駅に戻り、環状線新今宮まで移動します。f:id:single42:20171012073843j:plain

昨夜は、左半分を使って新今宮から福島に戻ったので、今日は、大阪の右半分に乗る経路で向かいます。

 

サンダーバードが来たので、記念撮影しときます。実物見るの初めてですわ。

f:id:single42:20171012073910j:plain

f:id:single42:20171012073927j:plain

 

大阪環状線混んでて、写真撮れる雰囲気でなかったので、あっという間に新今宮です。

新今宮に着いたら、はるかが通過して行きました。

f:id:single42:20171012073943j:plain

私を乗せて来てくれた電車です。(と言っても天王寺までが環状線で、一駅だけJR難波行きに乗り換えているんですがね。)

東京では絶滅した201系です。なんか、中央線で見ていたよりも、ローカル色が強い見た目に感じるのは、なぜだろう。f:id:single42:20171012073954j:plain

新今宮をでたら、ちょうど、阪堺電気軌道路面電車が通ってました。いつか乗ってみたいものです。

f:id:single42:20171012074016j:plain

目的を失う。

今回の大阪旅行は、昨夜の飛田新地と今朝のモーニングビュッフェで目的を果たしてしまい、やることがなくなってしまいました。

とりあえず、リーガロイヤルホテルの無料バスで梅田に戻り、趣味のボートレースに興じながら考えようと思い、日本最大の場外勝舟投票券販売所であるボートピア梅田に移動します。

大きなレースをやってなくて、午前中の一般戦は、強い人・強い枠が買ってしまうので、小勝ちと小負けを繰り返しているうちに、大きく勝って、もう一度飛田新地に行けばいいじゃんと思うようになりました。

昨夜あまりにも満足したので、性欲的には充足していたんだけど、思い出し勃起するくらい昨日の夜は素晴らしかったのです。(ドーピング用の薬もまだあるし。)

結局、大勝ちはできず、負けることもなく、時間だけ過ぎてくんですが、行きたい衝動はますます募り、2時過ぎに、ようやく小腹も減ってきたので、食事をすることとしました。近くの大阪らしいランチは、揚子江ラーメンとねぎ焼きやまもとがあり、迷うのですが、結局ねぎ焼きやまもとで、ねぎ焼きを食べながらビールを飲んだのでした。

f:id:single42:20171012073343j:plain

f:id:single42:20171012073359j:plain

 

リーガロイヤルホテル朝食

トリップアドバイザーでも「朝食の美味しいホテル2016」大阪1位となっている。「オールデイダイニング リモネ」で朝食をとります。

この旅の主要な目的の一つです。(最大の目的は、昨夜果たしています。)

 

朝食付きの宿泊プランではありませんでしたが、別にお金を払えば、普通に朝食ビュッフェを食べることができます。(2800円。安くはない。)入り口で、最初に精算して伝票とお食事中カードを渡されます。

f:id:single42:20170918030250j:plain

カウンターで様々な料理が提供されています。f:id:single42:20171010234738j:plain

 

一杯目は、こんな感じで取りました。オムレツは、目の前でシェフが焼き上げてくれます。確かに美味しいです。席には、産経新聞が置いてあります。

f:id:single42:20171010234718j:plain

コーヒーの無料提供がありまして、テイクアウト可能なようになっています。これはいいサービスですね。しかもホテルで出される品質の高いコーヒーです。うまいよ。

f:id:single42:20171012070342j:plain

 

結局、朝9時過ぎの食事で、昼ごはんも兼ねてたくさん食べようと思ってたのですが、もう年齢的におかわり1回しかできない胃袋になってしまっているので、2食分をなんとか食べて退席します。

2食で2800円と思うと高いですが、コーヒーをその場で飲んだ上、テイクアウトしたので、コーヒーを300円相当だとすると、2500円分食事しないと損する計算になると思います。

感想としては、何を食べてもうまいけど、これを目的に旅行するなら、関西ならではのグルメに胃袋を空けておく方が正しいチョイスという気がします。

(東京でいうココスのモーニングビュッフェの10倍は品質が上でうまいです。)

なお、オススメは、パンです。米もその日精米したものの炊きたてというのが売りで、めちゃくちゃ美味いですけどご飯はお腹いっぱいになってしまうので、量をたくさん食べる勝負(勝負です。)には、向いていません。

 

パンは何を食べても本当に美味いです。

しかも、バルミューダの高級トースターが並んでますので、是非、それを使って見てください。

とても美味しく焼き上がります。本当にびっくりするくらい美味しく、バルミューダのふれこみどおり、まさに感動のトースターで、自宅にも欲しくなります。(離婚後、自宅で朝食をとることがほとんどないので、買いませんが)

おかずは、やはりオムレツが圧倒的に美味いです。しかし、卵ばかりたくさん食べるのもあれなんですが、野菜や果物も美味い。そして、和惣菜がなんだかんだ言って一番美味いです。(洋食向けのおかずは、オムレツ以外は、特に印象を与えるものがない。)

したがって、和惣菜でパンを食べるというのが、最良のチョイスになってしまっているのが、やや残念と言ったところか。

もし、これの価格が、2000円なら、手放しで絶賛できるレベルですから、私がプアなだけで、世間一般的評価としては、やはり、とても美味しいモーニングビュッフェということになります。

 

美味しいという噂は間違いなく、真実でした。