バツイチ40代男の一人旅(鉄分多め)

40男の日常と旅行とちょっと風俗。

国分寺ゴーイングメリー(ピンサロ)

国分寺に用があって行ってきたのですが、用件は割とすぐに終わってしまい、職場に戻るのもアレなので、直帰をすることとしました。

ちょっと遊んでいこうとスマホを片手に検索して出てきたのがこの店。

kokubunji-gmerry.com

初めて来たので当然のフリー宣言をして、入店。平日の5時前ということで、店内は空いており、10分弱の待ち時間でご案内。

案内された場所は、ソファでして、フラ系ではありません。

郊外のというか場末のピンサロで、大した期待はしていなかったのですが、程なくきれい可愛い感じの姫が登場。「まじで?」と思えるレベル。5000円でこんな可愛い子出て来ちゃうの?という感じ。しかもワイシャツの向こうにははち切れそうな巨乳!!

「かわいいかわいい!!」とかわいいを連呼しまくってしまいます。彼女もそんなこと言われ慣れているだろうに、少し照れるしぐさが余計さらかわいい!!

ワイシャツのボタンとブラを外すと推定Fカップの外向きで上を向いた形のいいおっぱいが登場します。揉み心地は・・・・

「固い!」

入れ乳とかではありません。若い女性特有の張りのあるおっぱいというやつです。

夢中でむしゃぶりつきます。姫は可愛く小声で喘ぎます。もう、フルボッキなんてもんじゃありません。おもむろにパンティの中に手を入れるとまた秘所は大洪水。(多分ウェトラではない。)

 

「まじか?」と思うほどです。

こんな可愛い子が、おっぱいチューチューしただけでこんなに濡れちゃうの?というくらい濡れています。

パンティを脱がせ、無言で顔を秘所に近づけていきますが嫌がりません。しかも無臭、小ぶり、とてもきれいなお◯◯こです。

Gスポットを指で刺激しながら、姫のお豆を吸い上げます。声を押し殺しながらも愛液はシートに滴るほどです。そのままシックスティナインの体制になると姫も攻めて来ます。ぱっくりと咥え込んでもらうのですが、これがまた拙い。

可愛い子の拙いフェラーリは大好物です。

ずっと、お◯◯こを舐めていたい衝動もありながらも可愛い子のフェラ顔がやはり大好きなので、姿勢を変え、手マンをしながらも奉仕している顔を見ながらしてもらうことにしました。いやぁ、技術が拙いおかげで中々イケませんが、むしろサービスですよね。

よくあるピンサロ同様に。「◯◯さんフラワータイムゥ」みたいなアナウンスがかかったので、我慢するのをやめますが、程なく私も高まって来て、無事発砲!!

めちゃくちゃ素晴らしい体験でした。聞けば21歳。顔、本当に可愛い!!おっぱい、最高。

なんでこんな所で働いているんだろうと思うくらいですが、フキフキされているときにもかわいいかわいいと連呼していたら、もともとキャバで働いていたんですけどお話が得意でなくて・・・とか勝手に話して来ました。いや、キャバでそれほどお話なんて得意でなくてもいいんじゃないですか。それだけの美貌ならば。

てかフェラーリも得意ではないじゃん!!と突っ込みたくなりましたが、心の中にしまい、最後の最後までかわいいを連呼し、時間ギリギリまでイチャイチャしてやりました。

店を出てスマホでホームページを見るとやはり、ランカー姫でした。そりゃこれだけ美人なら人気も出るでしょ。

 

絶対指名して再訪すると思いながら、店を後にするのでした。

サンライズで帰京

今回の旅行はやるべきことはやりつくした感があります。

もうiPhoneの電池はほとんどありません。とても0泊2発の強行旅行とは思えません。充実してました。

 

かんなみ新地を出たのが23時くらい。帰京するために乗るサンライズ出雲は大阪0時34分発。楽勝で戻れます。

 

帰りは阪神出屋敷駅から梅田に向かいます。

歩行距離が長かったので疲れ果てていて、阪神電車の写真はほとんどありません。

というわけで、もう大阪駅に着きました。

f:id:single42:20180603154347j:plain サンダーバード乗り場ですよ!という案内がそこかしこにある11番線からの乗車にて帰京します。

 

サンライズ特急券は、松江から取っていました。できれば、萩市以外行ったことのない山陰地方に行って見たかったのですが、大幅に縮小して大阪からの乗車となってしまいました。寝台料金は使いさえすれば同額ですから、松江から東京までのチケットと大阪から東京までのチケットの差額は、330円となります。330円余分に払ったの微妙に痛いな。ケチケチ旅行だし。

f:id:single42:20180603154943j:plain

個室はまぁまぁの広さです。まぁ、カプセルホテル並なんですけど。カプセルホテルと比べれば天井は高いし(十分低い)、窓はあるしで、いくらかは開放感があります。しつらえが洒落ているというのもあって、北斗星の個室に乗ったときよりはなんというか、豪華旅行している感じになります。

しかも喫煙ができます。(素晴らしい)

鉄道旅行で喫煙ができるのは、もはや東海道・山陽新幹線サンライズだけ。いつの間にこれほど喫煙者に厳しい社会になったのだ。日本は。f:id:single42:20180605201427j:plain

ハンガーがあります。冬の旅行には重宝するな。あっ、ビジネス利用の人も重宝するでしょうね。

f:id:single42:20180605201725j:plain枕、掛け布団(ペラッペラ)、浴衣が用意されていました。空調が行き届いているので、ペラペラでも構いません。

f:id:single42:20180605201918j:plain

室内は、鏡、机(小さい)紙コップがあります。室内の全景は撮れませんでしたがこのくらいしか幅はありません。B寝台のシングルですからこんなものでしょう。ソロだともっと狭いんですかね。f:id:single42:20180605202614j:plain

車内でのお酒(ビールと黒霧島と炭酸水)とおつまみ(鶴橋のキャベツ焼きのお店で買った唐揚げ)です。餅太郎は飛田新地でもらったものですかね。(そんなもの買わない)唐揚げとビールはいつどのような場所でいただいても最高です。f:id:single42:20180605202230j:plain

守山駅のあたりで窓から見える夜空を撮ってみました。光る物体が、月なのか街灯なのか分かりませんが、iPhoneで撮ってこの大きさだから、きっと街灯でしょう。

f:id:single42:20180605203116j:plain

ちょっと車内の探検に出て見ました。車内は、このような構成となっており、分かりやすいサイン表示がされています。私はBシングルでしたが、AシングルやBソロ、ノビノビ座席なども試してみたいものです。

f:id:single42:20180605204029j:plain

鍵をかけて(簡単)車内探検です。

1

2

 部屋に戻ります。室内ではラジオが聴けますが、スマホ全盛のこの世のなかにあっては無線LAN無料とかの方にシフトしてもらった方が良いんですけどね。

IMG_2022

尾張一宮くらいまでは起きていましたが、疲労と、酒の力もあって、その後、寝入ってしまいます。寝心地は意外とよく、ぐっすり眠れましたが、私が、寝ている間、寝返りをうたないタイプだからかも知れません。

寝相の悪い人は、狭いと感じるかも知れませんね。

 

その後、思い切り寝てしまい、起きたら、既に東京の大森駅のあたりでした。東京のあたりの風景は、見ててもなんの感慨もありませんが、ぼーっと東京の風景を見ているうちに、あっという間に東京駅に到着しました。(iPhoneで計測すると時速110kmくらいで巡航してはいる。)東京駅です!!f:id:single42:20180603160053j:plain

東京駅に着いた瞬間もう行き先は回送と表示されているんですね

f:id:single42:20180603160123j:plainサンライズ号の勇姿!かっこいいですね。

f:id:single42:20180603161520j:plainしかし、上野東京ラインのダイヤってすごいですね。一気に日常に戻された気がします。 

8番線に到着し、中央線に乗り換えて家に帰るのでした。

かんなみ新地へ(かんなみ新地感想含む)

尼崎は兵庫県なので、大阪五大新地にかんなみ新地は含まれないのでしょうが、かんなみ新地は飛田新地並みに綺麗な姫が待っているというネットの噂を確かめに、尼崎駅までやって来ました。

f:id:single42:20180520161003j:plain

尼崎駅の南口はあまり栄えていません。f:id:single42:20180520161019j:plain

かんなみ新地へ尼崎駅から行くのは明らかな誤りでして、阪神電車の尼崎駅か出屋敷駅から行くのが正しいのです。帰りは出屋敷駅から帰りましたから、出屋敷駅を選ぶのが正解のようです。f:id:single42:20180520161328p:plain

時間もあまりないので、小走りに移動し庄下川という川を渡ります。やはり阪神の尼崎駅の方が栄えているような予感がします。f:id:single42:20180520161537j:plain

三和本通という通りまで来ました。かんなみ新地はもう少しです。f:id:single42:20180520161551j:plain

かんなみ新地は飛田新地と違って遊郭っぽさは全くありません。一応飲食店の体裁なのでしょうが全くそうは見えません。(グーグルのストリートビューから転載しています。)

f:id:single42:20180520162304p:plain

やたらに間口が狭い玄関がやたらにたくさん並んでいて、その玄関に、女性が立っています。直接目で見て好みの女性を探せるのは、飛田新地と同じです。

やり手ババア的な人もいますが、飛田新地みたいに商品として女性を店に飾る感じではないです。

一周しようと思うのですが、3軒目くらいでいきなり好みの姫と目が合ってしまいました。その前の1〜2件でやはり微妙に飛田新地よりはレベルが下がる予感がしたので、好みの嬢に速攻で決めます。

料金は20分で1万円です。飛田新地だと1万6千円ですからとても安く感じます。

店に入ると物凄く狭くて物凄い急な階段を登って部屋へ案内されます。そして、その部屋はとてつもなく狭いです。布団しか敷けない部屋です。2畳あるか無いかくらいか。

あいさつも程々にすぐにプレイ開始です。黒髪ロングのキレイ系の姫も、速攻で恋に落ちて服を脱ぎ始めます。

私は、すでに脱いでいます。

姫は、私に帽子をかぶせ、帽子の上から口で愛撫してきます。んーあまり気持ちよく無い。しかし、好みの女性が、ジュニアを咥えている顔を見ているうちに、ドーピングしてなくても、硬くなってくるマイジュニア。やはり、自らの股間にローションのようなものを塗りたくり、私の上に乗っかって来ます。

熱い!

もちろん帽子は被っているのですが、合体した時の感想は熱い!でした。こんなに温かい女性がいるのだろうか。それとも塗りたくったローションのようなものの効果か!

たまらない気持ちになります。この女性。上手い。

程なく、射精感のようなものを感じ、ジュニアもしぼんできましたが、なんと、ゴムの中には、何もありません。やはり40過ぎて、1回目に出し切ってしまうと、3時間では製造能力が追いつかないのか。

姫は、あれ、出てないよねぇと聞いてきます。

私は、正直につい3時間前に飛田新地で遊んできたことを告白すると、姫は、私も先月まで飛田新地にいたんだ。と告白してきます。聞けばまだ21歳。スタイルは微乳ながら長身スレンダー系で男好きしそうだし、顔も男ならイケメンという感じの特徴のある美人で人気でそうなのに(女優でいうと「りょう」のような顔。黒髪ロングだけど。)なんでこっちに来たのと聞くと飛田ではそれほど稼げなかったからという単純な理由。

稼ぐために整形を紹介されたとかも行ってましたが、そこまでして稼ぎたい訳でもないとのことでした。(やはり整形している姫はとても多いそうです。)

天然でこれだけの見た目なんだから、もっと幸せな人生もあるような気もする姫でしたが、そんな世間話を布団でイチャイチャしながらしてくれるとても優しい姫でもありました。

どこのメーカーだか聞いたこともない怪しいお茶(缶)をもらい、お店を後にします。

f:id:single42:20180520164533j:plain

ボロい建物ですが、夜は煌々と明るい。

とても満足したのですが、やはり精液がドクドクと出る瞬間が気持ちいい訳ですから次はもっと体調を整えて再訪しようと心に誓ってかんなみ新地を後にするのでした。

 

尼崎駅へ移動

鶴橋から300円でJR尼崎駅へ向かいます。(結論から言えば失敗でしたが。)f:id:single42:20180520155228j:plain

大阪駅神戸線に乗り換えです。

f:id:single42:20180520155359j:plain遠くのホームには、見慣れない車両が停車しています。今どきEF65が牽引する列車なんてあるはずありませんので、臨時列車かと思いますが、どうやら、サロンカーなにわです。初めて見ました。(ラッキー!!!)山口ディスティネーションキャンペーンで山口の方に夜行で行くようです。f:id:single42:20180520155509j:plain

IMG_1975

そうこうしているうちに、神戸線の各駅停車がやって来ました。

f:id:single42:20180520160452j:plain

あっという間に尼崎駅に到着です。

f:id:single42:20180520160556j:plain

f:id:single42:20180520160611j:plainしかし、行き先がたくさんあって、分かりにくいです。

 

 

鶴橋へ

てんしばの散策を終え、大阪環状線で鶴橋にやって来ました。焼肉とコリアンタウンで有名なまちです。f:id:single42:20180520150340j:plain

鶴橋駅は、発車予告のチャイムがヨーデル食べ放題です。というか、降りた瞬間焼肉の匂いがすごいです。IMG_1947

近鉄や地下鉄との乗り換え駅ですが、駅舎内はやたらに狭いです。f:id:single42:20180520151046j:plain

 こんな感じの駅舎を抜けてf:id:single42:20180520151234j:plain

外に出るとこんな感じです。狭くて汚い。猥雑というんですかね。f:id:single42:20180520151415j:plain

駅前がいきなりこの道幅の狭さです。f:id:single42:20180520151743j:plain

なぜ、鶴橋に来たかというと、大阪グルメを堪能したいからとも言えますが、どちらかというと、このあともう一回新地に行って美しい嬢を抱きたいと思っていたのです。

しかし、ここで大変なことに気づきます。

さっき飛田行く前にドーピングしましたが、いわゆるバイアグラ的な薬は、1日に1回までと決まっているようです。 副作用が怖い私は、処方を守ることとしましたので、良質なタンパク質を補給し、薬に頼らずに回復しなければならなかったからです。f:id:single42:20180520152157j:plain

 

なんて店で食したかは覚えていませんが、牛とホルモンとビールを補給します。

なぜ覚えていないかというと、iPhoneの充電が切れかかっており、お店で充電させてもらっていたので、店の名前も食べた料理も記録が残っていないのです。それでも、めちゃくちゃホルモンが新鮮で美味しかったです。

 

気を取り直して、鶴橋界隈をウロウロしてみます。

f:id:single42:20180520153637j:plain

北(大阪駅方)方面の出口から出て横断歩道を渡り細い路地に入って行きました。

f:id:single42:20180520153924j:plain

やはり道路が狭いです。鶴餃子と言うお店を見つけました。

f:id:single42:20180520154028j:plain

鶴酔いセットというのを頼んでみました。ビール、キムチ、餃子は、安定してうまいです。在日コリアンの店なのかどうか(その方が旅行気分が出るのでそれを期待していた。)は、よく分かりませんでしたが、ホスピタリティのある接客でいいお店だなと思います。

f:id:single42:20180520154154j:plain

ついでに駅に戻ってすぐ近くにあるキャベツ焼き(キャベ焼きグループ鶴橋本店)というところでキャベツ焼きを食します。

f:id:single42:20180520154503j:plain

まぁ、安くて旨いですが、出汁とソースで食わせている感じ。高校生とかなら、しょっちゅう食べたくなるのでしょうが、もう40代ですからチープなお好み焼きを食べたという以外の感想はありません。帰りの列車内のツマミにと唐揚げをテイクアウトしておきました。f:id:single42:20180520154609j:plain

そんなこんなで、短時間で3軒の店に入り、食欲を満たしたところで、次は再度、性欲です。

てんしば

あべのハルカスを出ても美しいイルミネーションが待っています。

f:id:single42:20180515185842j:plain

隣の商業施設も賑わってそうですが、写真撮影だけで通り過ぎます。f:id:single42:20180515185944j:plain

てんしばという愛称がついた大阪市天王寺公園にやってきました。あべのハルカスのはす向かいに位置しています。f:id:single42:20180515190103j:plain

市立公園なのに商業施設を園内に併設している日本でも珍しい公園です。私、不動産関連の仕事をしているので、こういう土地の利活用とても興味があるのです。

f:id:single42:20180520130620j:plainどうやら公園自体はやたらに広く、天王寺動物園大阪市立美術館天王寺公園の一部という位置付けのようです。

f:id:single42:20180520130945j:plainファミマやタリーズの他にもしゃれたレストランやフットサルコートがあるようです。「天王寺公園エントランスエリア魅力創造・管理運営事業」という名称で大阪市近鉄に管理運営を委託しているようです。(指定管理者でしょうか)いわゆるPPP(公民連携)というやつですね。

これ、公園なクセに結構金を稼いでそうだな。でも何もない、何も生み出さない公園よりもよほど住民のためになる感じしますね。役所が運営する施設なんて何の魅力もありませんから、公民連携が進んでいくことは、我々国民にとって非常にいいことのように思います。

f:id:single42:20180520131315j:plain

芝生エリアに来てみましたが、残念ながら養生中

ペットと入っちゃいけないというのは意外だったけども、そうしておいた方が管理しやすいのですかね。

f:id:single42:20180520131828j:plain公園内にホステルがあります。これは斬新な利用法では。

f:id:single42:20180520132134j:plain

通天閣天王寺公園がすぐ近くにあるロケーションだということが分かります。

f:id:single42:20180520132303j:plainフットサルコートがあります。東京で言えば、新宿中央公園にフットサルコートがあるようなものでしょうか。

f:id:single42:20180520132314j:plain

てんしばからはあべのハルカスがとても綺麗に見えます。

f:id:single42:20180520132341j:plainソライロキッチンというレストランに目をひかれました。晴れた休日にこんな公園で呑んだくれることが出来たならば最高だろうな。

あまり滞在しませんでしたが、日中にまた来ようと思いてんしばをあとにするのでした。

 

 

あべのハルカス展望台③

展望台ではちょっとした飲食ができます。f:id:single42:20180327010518j:plain

f:id:single42:20180327010555j:plainf:id:single42:20180327012039j:plain

というか、ビールにおでんまで売ってます。

f:id:single42:20180327010716j:plain

恋人の聖地とか設けてインスタ映えを狙っています。

f:id:single42:20180327010839j:plain

鍵かけちゃうらしいです。私もかつては元嫁とそんなことをしたことも・・・f:id:single42:20180327010921j:plain

喫煙所完備です。こういうホスピタリティ大事ですよね。f:id:single42:20180327011003j:plain

デッキには、サーチライトのようなものでプロジェクションマッピングがされています。

f:id:single42:20180327012001j:plain 冷却塔と思われる部分にプロジェクションマッピングしてテトリスが遊べます。

f:id:single42:20180327011215j:plain

どうやら、あそこが地上から300メーターだそうです。それとも海抜ですかね。f:id:single42:20180327011404j:plain

トイレもやたらに綺麗です。

f:id:single42:20180327012110j:plain

1500円払って入場した人だけが、再入場できる1デイチケットが買えるようです。私は、夜しか知りませんが、大阪の夜景と光の演出を楽しむためには、夜がオススメなので、うっかり昼来ちゃった人は、購入するのもありなんじゃないですかね。f:id:single42:20180327012422j:plain

お土産屋の一角には、あべのハルカスの公式ゆるキャラ「あべのべあ」のプリクラがあります。近鉄あべのハルカスで全力で稼ぎにきている感じがします。f:id:single42:20180327012517j:plain

大方みたと思うので、16階に戻りました。f:id:single42:20180327012549j:plain

行きは分かりづらいと思った案内サインも帰りに改めてみると分かりやすく表示されていることに気づきます。f:id:single42:20180327012642j:plain

f:id:single42:20180327012728j:plain

f:id:single42:20180327012834j:plain

f:id:single42:20180327012909j:plain

あべのハルカスはこれでおしまいです。